気軽に車をラッピング

バスや電車などでよく見られるラッピングされた車体。以前はこのような塗装をする場合、基本的に塗料を使用するため費用も高額になりやすく、デザイン変更にも手間がかかるといった特徴がありました。しかし、ラッピング技術の普及により、費用も手間もより手軽に車体表面のデザインを変更できるようになりました。そのため、企業や団体だけでなく個人でもラッピングが行われるケースが増加しています。

ラッピングの主なポイントとして、脱着が容易という点が挙げられます。主に専用の印刷機でデザインされたフィルムを貼り付けるだけで完了です。さらにフィルムは剥がしやすく、デザインを変更したい場合でも短い時間でスムーズに剥がすことができます。もちろん車体全体をラッピングする場合はある程度技術や工夫が必要になりますが、塗装に比べ要求されるテクニックは低いです。

また、自由度の高さも売りのひとつと言えるでしょう。デザインは印刷できるため複雑な模様やキャラクターなども使用可能です。場所もボンネットやドアにワンポイントで貼ることも、本格的に全体を包んでしまうこともできます。もちろんプロに依頼することも可能なので、個人で行うことに不安がある場合でも挑戦しやすいでしょう。

専用フィルムやシート等も、カー用品店や通販サイトで簡単に購入できるため道具が揃えにくい心配もありません。一大決心をして塗装を変えるというよりも、気軽にデザインを変更するという利用方法が実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です