ラッピングならイベント車両をきれいにコーティング

広告を電車の外観に記した車両をイベント車両と呼んでいます。イベント車両はラッピングを施したもので、数週間のイベント期間だけ使われるのが特徴です。使われると言っても車両そのものは常に使い続けられ、イベント車両として利用する期間を意味しています。アニメや映画などのアピール、観光地の宣伝、企業アピールなど様々イベントで活用されるのが特徴です。

電車の車両に広告を記してありますが、屋外を走行する電車の車両に雨が当たれば劣化が生じる、定期的に電車はクリーニングが行われる事になり、洗車をする事で塗装は剥がれてしまいます。これはペンキを使って描いた場合や印刷物をそのまま貼り付けたり、スプレーを使ってデザインを施した場合です。ラッピングは塗装や紙の印刷物を貼り付けるものではなく、フィルム状になっているシートを車両に直接貼り付けるものです、フィルムは耐光性や耐水性が高い素材であり、ここに印刷が行われているものは紫外線などで劣化が起こりにくいなどの特徴もあります。耐水性が高いため、洗車する時に広告が剥がれる事もありませんし、インクが薄くなってしまい見栄えが悪くなる事もないため、常にきれいな状態を維持出来ます。

イベント期間が終了した後はラッピングをきれいに剥がして普通の車両として利用が出来るわけです。私鉄各線などではイベント車両を走らせる事が多くありますが、これは鉄道利用者が多いためで、より多い人々に見て貰えるメリットを持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です