イベント車のラッピングはカーニバルの雰囲気を

イベント車には、停車しているだけで目立つようなラッピングを施すのがいいです。イベントが盛り上がりますし、シンボルとしての役割を持たせることができます。イベント車は、動く広告塔の役割を果たすようなボディラッピングが必要です。少し派手目でもかまいません、とにかくそこでイベントがありますよという事を道を歩いている人や車を運転している人の目に印象として残るようなラッピングが望ましいです。

イベント会場では、車両を引き出して舞台として使う仕様のものも用意されています。イベント車には、宣伝効果と同時にイベントがどんな種類のものなのかをはっきりさせるようなラッピングがいいです。子供が自然に集まってくるような楽しいものがいいです。電車やお祭りの中心としてもイベント車は使うことができます。

工夫をすることでお祭りを盛りたてることもできます。イベントを考えるときに、ヨーロッパや南米のカーニバルを思い出すといいです。すべての人々が楽しむことをカーニバルは必要とします。その表現には原色が使われとにかく目立つように会場は装飾されます。

イベントにおいてこの要素をもっと鮮烈なものにすることが大切です。移動遊園地のイメージは子供が楽しめる、すべての人が明るくなれるお祭りの要素を取り入れています。そんな盛り上げ方を知ることができる、ドレスアップカーを見る機会もあります。トラック野郎が集まるのと同じでラッピングの奇抜さを競う祭典に行ってみてはいかがですか。

自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です