メリットの多い自走式立体駐車場

スペースが限られた場所でも複数の車を停められる、車の出し入れが便利といったメリットの多い自走式立体駐車場は、さまざまなシーンで活用されています。自走式立体駐車場とは目的の駐車スペースまで運転者が自分で運転を行い、停車する方式の駐車場です。自走式立体駐車場と呼ばれる建物の構造は基本的に2階以上となっており、階の移動はスロープなどで行うのが特徴的でしょう。ショッピングセンターなどでスロープを使い、車を上階の駐車スペースまで移動させた経験のある人も多いかもしれません。

運転者が自分で車を移動させてくれるためコストを抑えられるなどの利点があり、各地の施設で利用されている方式です。自走式立体駐車場のメリットには、車の出し入れを行う際の待ち時間が無いという点も挙げられます。同じ複数階構造を持つ駐車場であっても、機械式の場合は車を運搬するパレットが使用中の場合、空くまで順番を待つ必要があります。パレットの混雑具合によっては駐車までの時間がかかる機械式とは異なり、自走式立体駐車場は運転手が自分で車の運搬を行うので、待ち時間が短縮されます。

来客が多くて車の出し入れが頻繁なショッピングセンターや公共施設などに適した方式で、パレットの運搬のために機械の操作を行う必要がないのも利点でしょう。自分で駐車スペースまで車を移動しなければいけない負担はあるものの、それ以外のメリットが多く、多数の施設で採用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です