自走式立体駐車場の特徴

ショッピングセンターなどの大型商業施設への交通手段として乗ってきた自動車を駐車する際、自走式立体駐車場に駐車します。自走式立体駐車場とは、自分で運転して駐車する立体駐車場のこと。平面の駐車場と比べると収容台数が多いため、たくさんの自動車の駐車が可能です。機械式の立体駐車場では自動車の入出庫が容易ではなく機械の操作時に待ち時間を要しますが、自走式であれば自由に出し入れができます。

またショッピングセンターの入り口と繋がっている場合には、屋上でない限り雨天時でも雨に濡れずに済むといったメリットもあるのです。自走式立体駐車場には幾つかの種類があり、一般的な形式とされるフラットタイプは自動車の駐車スペースと階数間を移動するためのスロープが繋がっている構造となっています。駐車スペースが平らなため車椅子でも移動しやすく、商業施設や病院などでも採用されているのです。ベビーカーを使用したり小さな子供が居たりする家庭では、このタイプが使い勝手が良いのではないでしょうか。

自走式立体駐車場の建設には国が定める法律や規制などが設けられています。休日には混雑することもあり得るため周辺の道路交通への影響や、交通の妨げとならないように出入口設置などが規制されています。周辺住民や道路を利用する人、施設を利用する人の安全面が考えられているのです。自走式立体駐車場は子供や高齢者に優しい構造となっている、利便性の良い駐車場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です