自動車学校を卒業して免許を取得しよう

運転免許証を取得するには、自動車学校で学科や技能などの全課程を修めて卒業する必要があります。卒業後は自動車学校で発行してもらった卒業証明書を持って、免許センターで行われる学科テストを受けます。テストに合格すれば免許が発行されます。免許の発行後はその日の内から自動車の運転が可能になります。

自動車学校への入学は、普通自動車免許だと17歳から入学可能です。ただし、仮免許が発行されるのは18歳以上なので、17歳で入学しても所内教習までしか受けることができません。早く入学する場合、18歳になる1~2ヶ月前に入学して、仮免許の発行に合わせて誕生日を迎えるように調整します。最近の自動車学校は自分の都合に合わせて通うのが一般的となっています。

学科の授業は日によってスケジュールが異なり、全課程を修めるにはスケジュールを確認して予定を組む必要があります。技能の授業は予約制となっており、教習所の自動車の数や生徒の数次第で予約が埋まってしまうことがあります。事前予約を徹底して、キャンセル待ちを駆使することでテンポ良く授業を受けられます。自動車学校の卒業は早い人なら1ヶ月、あまり通えない人だと半年以上掛かることもあります。

入学後は約1年間の有効期限が設けられ、その間に教習を受けることができます。しかし、有効期限が切れると追加料金ややり直しが発生します。卒業証明書も発行されてから1年が有効期限です。なるべく早く卒業して、卒業後も早めに免許センターに行くのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です